【泉大津 整骨院】 腰痛 痛みを感じたその時は?

投稿日|2017.06.12

こんにちは!

今日は腰痛についてお話させて頂きます!!

腰痛
1-2.妊娠

◆体型と体重の変化

妊娠すると、大きくなったお腹を前に突き出すようになります。すると腰椎も前にせり出す形になり、背骨の自然なカーブがゆがんで、通常より腰にかかる負担が大きくなります。さらに体重が増えることで腰椎への負荷も大きくなり、腰痛を発症しやすくなります。

◆体内の変化

妊娠中に子宮が大きくなると、周囲の臓器を圧迫するようになります。その結果、周辺臓器に異常が起きて腰痛につながることがあります。例えば尿管が圧迫されると水腎症になりやすく、お腹や腰が痛みます。

また、出産時には狭い産道を赤ちゃんが通り抜けられるように「リラキシン」というホルモンが分泌されます。これには関節を柔らかくする作用があり、骨盤が広がって産道も広くなります。
リラキシンは妊娠中から産後1~2ヶ月まで分泌され、骨盤はとても柔らかく不安定になります。この期間中にガードルなどによる締め付け、足を組む・足を崩して座るなどの刺激が加わると、骨盤がゆがんで腰痛の原因になります。

上村さん
小木曽さん

泉北郡忠岡町忠岡東1-15-31
休診日:土曜午後、日祝

ご予約受付中!お気軽にお電話下さい!
TEL:072-521-6339

エキテン http://www.ekiten.jp/shop_688587/
交通事故専門HP http://www.0909loopquest.com/
オフィシャルHP http://www.asai-medical.net