【泉大津 整骨院】 ヘルニア 腰痛  ヘルニアって何なの……?

投稿日|2017.10.12

こんにちわ!

あさい鍼灸整骨院です♪

今日はヘルニアについてお伝えしますね♪

椎間板ヘルニアという病気を聞いた事があるでしょうか。椎間板ヘルニアは首や肩の痛み、腕のしびれ、腰痛、足の痛みやしびれと密接に関係があります。もしかしたら、長年腰痛や肩こり、足の痛みなどに悩まされているあなたのその症状、詳しい検査をしたら椎間板ヘルニアかもしれません。この椎間板ヘルニアの原因と2つの特徴的な症状について解説します。
椎間板とは?
人の体は、脊椎(いわゆる背骨)が支えています。脊椎は、部位によって頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾骨と呼ばれます。これらの脊椎の前方に椎体があり、椎体と椎体の間に椎間板がありクッションの役割を担っています。
椎間板ヘルニアとは?

「ヘルニア」という言葉は、椎間板ヘルニア以外にも、さまざまな病気の名前に付いています。例えば、鼠径(そけい)ヘルニア、臍(さい)ヘルニア、食道裂孔(しょくどうれっこう)ヘルニアなどがあります。ヘルニアという言葉はラテン語の「Hernia(意味は脱出)」からきており、「体の中の臓器や組織が正常な位置から脱出した状態」を意味します。
鼠径ヘルニアは腸が鼠径部(太ももの付け根)から脱出してしまう病気で脱腸とも呼ばれます。同じく、臍ヘルニアは臍の部分で腸などの組織が脱出してしまう病気です。椎間板ヘルニアは椎間板の一部が正常な位置から突出し脊髄や神経根を刺激するために、様々な症状を引き起こす病気です。

なぜ椎間板ヘルニアが起こるの?2つの原因
椎間板は椎体と椎体の間にあり大きく分けて髄核と繊維輪からなりたっています。髄核は水分を豊富に含むゲル状の組織で、椎間板の中央にあります。その髄核をドーナツ状に取り囲んでいるのが繊維輪で、コラーゲンを豊富に含む強固な組織です。
原因1:椎間板の変性によるもの
原因の1つは椎間板の変性です。椎間板は20歳を過ぎると、髄核の水分量が減ってくるなどの、加齢による変化が生じてきます。椎間板は体を支えるため、日常生活でも常に負荷がかかっています。特に、屈んでものを持つ動作では腰の椎間板に強い負荷がかかるといわれています。このような負荷により線維輪に小さな亀裂が生じると、椎間板ヘルニアが発生します。腰椎椎間板ヘルニアは20歳から40歳の男性に好発し、腰にかかる負荷が大きい重労働や長時間の車の運転などが病気の発生に関連するといわれています(腰椎椎間板ヘルニアガイドラインより)。

あさい鍼灸整骨院
泉北郡忠岡町忠岡東1-15-31
休診日:土曜午後、日祝
駅前
ご予約受付中!お気軽にお電話下さい!
TEL:072-521-6339

エキテン http://www.ekiten.jp/shop_688587/
交通事故専門HP http://www.0909loopquest.com/
オフィシャルHP http://www.asai-medical.net/

柔道整復師 西村厳太 監修